行者山 太光寺

年中行事

四季折々

行者山史

当山寺伝

行者山太光寺は、広島市西区田方1丁目の行者山を境内として建立された天台宗系の単立寺院です。
伝承によると応永年間(約600年前)に、中国から慈眼禅師という僧侶が来日し、この地に逗留して僧坊を結んだことが当山の嚆矢となりました。そして、中世時代に役行者を祀った行者堂が建立されると、いつの頃からか当山は、地域の人々から行者山と呼ばれて深い信仰を受けるようになりました。

その後、第二次大戦の戦禍や近年の火災により、当山は行者堂を失うなど多くの法難に見舞われることになりましたが、それでも、有縁の方々による御遺訓を得た有志者によって、世界平和のために新寺院を建立されたことが、当山に大きな機縁をもたらしました。

そして、平成14年に古江中央霊園の運営が始まると、そのことが端緒となって当山は多くの実業界の方々から篤信の恩恵を受けることになり、天台宗系の単立寺院として活動することに結び付きました。さらに、平成20年には太光寺の大本堂・御本坊・和気殿が改修・新築されるに及び、現在の寺院としての伽藍を新たに整えることができました。

なお、太光寺が大切としている理念の中で、最も代表的なものは

・世界平和を尊重すること

・慈しみの教えを学ぶこと

・地球環境を保全すること

・真の心の人を育てること

であります。

もちろん太光寺は歴史の浅い寺院であり、これからの時代に法灯を護持していくため、新しい理念を掲げておりますが、その教えの根本精神は、日本仏教の祖である伝教大師最澄によって開創された天台仏教の教えに立脚しています。よって、当山に奉職する僧侶は、皆が天台宗の僧籍を有して教化活動に日々精進しております。