1. HOME
  2. ブログ
  3. 【非常事態宣言「延長」を受けて】

【非常事態宣言「延長」を受けて】

全国非常事態宣言延長を受けて。

 

広島県では、令和2年5月5日に知事の会見が行われ、一定の状況は保っているものの、

未だ、再度感染拡大の恐れがあること、13指定都市に含まれる一部都市よりも多いということも踏まえ

GWは10日までと考え、休業要請そのものは5月末まで延ばし、7日以降も継続し、11日以降一定の条件フェーズ3等の状況によって、

必要性や感染リスクを踏まえ、感染防止対策を講じた上で段階的に緩和する方針を決めた。

県民への不要不急の外出自粛の要請も、段階的に徐々に緩和していけたらとのこと。

フェーズ2に行くあたりから、徐々に解除の幅を広げていくとのことのようです。

再度の感染拡大に向けたフェーズ毎の主な対応を注視しつつ、

6月1日から県民の皆さまが、安心する形にするため努力を続けるとともに、

今しばらく、皆様のお力をお貸しいただければとのことでした。

 

そのため、和気殿では、再度の感染拡大の恐れがあることを踏まえつつ、

新型コロナウイルスの更なる感染拡大防止を図るため、人と人との接触機会を減らす取り組みとして、
令和2年5月31日(日)の期間、和気殿施設を臨時休館に致します。

11日以降、フェーズ等のなんらかの指針が示されるかもしれませんが、

今現在は、継続期間として政府並びに広島県に準ずる形の運営をさせていただきます。

この為、この期間の新たな使用は受け付けません。
また、既に予約済みの使用についても「感染拡大の観点から」使用中止や延期を要請します。

現状、1日以降のご予約は、感染拡大対策を徹底した上で、可能でございますが、

今後の状況次第では、再度使用できない可能性がありますので、改めてご了承ください。

以上、皆様の感染拡大防止のための常識的な判断と、御理解と御協力のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事